【スポンサーリンク】

埼玉小4男児殺害 母親のコメントに批判と怒りの声が

 さいたま市見沼区の集合住宅内で小学4年進藤遼佑君(9)の遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで逮捕された義父の無職・進藤悠介容疑者(32)が遼佑くんを殺害したとして、殺人の疑いで逮捕された。進藤容疑者は逮捕直後に犯行を認めたが、その後は一転して「そんなことはやっていない」と容疑を否認しているという。

 

 メディア報道によると、進藤容疑者は9月17日夕方ごろ、自宅居室内で遼佑君の首を絞めて殺害した疑い。遼佑君は17日午後4時ごろに小学校から帰宅。その後は英会話塾に行く予定だったが来ておらず、県警が周辺の防犯カメラや目撃情報を精査したところ、敷地内から出ていく様子も確認されなかった。母親(42)は午後6時ごろ仕事から帰宅しており、進藤容疑者はそれまでに殺害したとみられる。

f:id:imp0201:20191007071419j:plain

 ネット上では、母親が県警を通じて、「大切な息子を失い、いまだ心の整理がつきません」などとコメントを出したことに大きな反響が。「気の毒とは思うが、この母親にはやっぱり嫌悪感しかない。出会い系サイトで知り合った若い男に入れあげて養ってやって、挙げ句の果てはこれ…息子さんの気持ちなんか二の次。最低としか思えない」、「お母さんはさ、本当に遼佑君が大切だったのなら、心の整理云々言ってないで、ヒモ男が犯人だ!と、極刑を望む!と、名言して闘わないと!それが後悔し、反省した母親に唯一できる遺された供養なんじゃないの!?傷ついたなんて生温い事言ってるんじゃないよ…自分の欲を最優先した結果なんだから。遼佑君はもっと辛かったんだよ」など批判や怒りの声が目立った。殺害された遼佑くんは2度と帰ってこない。母親のショックは大きいが、結婚した義父が逮捕された現実に向き合わなければいけない。