【スポンサーリンク】

3人家族が自宅で襲われて負傷 犯行の「衝撃的な事実」とは

 24日午前11時55分ごろ、岐阜県北方町の自営業の男性(44)宅に3、4人の男が押し入り、男性と妻(41)、中学生の長女(14)を襲った。3人は負傷したが、命に別条はない。メディア報道によると、夫婦は1階ダイニングで昼食の準備をしていた。男性はバールのようなもので頭を殴られるなどしたという。男たちは白っぽいライトバンで逃走したといい、県警は殺人未遂の疑いで男たちの行方を追いかけている。

f:id:imp0201:20190824174953j:plain

 家族全員が一命をとりとめたが、事件が白昼に起きたという事実に衝撃は大きい。ネット上では、「ごはんの時間帯に突如そんな人間が侵入し襲われるなんて普通は想像しないよな。命に別状がなくても心の傷は深いよ」、「言葉失いました。真っ昼間からこんな事件が起きるなんて…。昼間だから安心してというわけではないけど恐ろしすぎる」など驚きの書き込みが多かった。逃走している犯人の男たちの目的も見えてこない。「強盗?それとも強い怨恨?顔見知りなのかな。無差別に狙ったとしたら他人事には思えない」と不安を綴った書き込みも見られた。被害に遭った家族だけでなく、近隣住民も不安な時間を送っているだろう。犯人が一刻も早く検挙されることを祈るばかりだ。