【スポンサーリンク】

吉本・岡本社長 宮迫の契約解除処分の撤回を発表 ネット上は反対の声が大多数

 吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日に都内で会見を開き、反社会的勢力との闇営業問題で金銭の授受があったとして、契約解除した雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の処分撤回を発表した。

 宮迫は19日に吉本興業から契約解消され、翌日にロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と謝罪会見を開いた。その際に謝罪会見を開くことを何度も会社に希望したが、岡本社長から「(会見したら)全員首にするからな」などの表現で止められていたと主張していた。


 岡本社長は会見で「何よりも宮迫くんと亮くんにああいう会見をさせて、深くお詫び申し上げる。処分を撤回し、いつの日か戻ってくる日があるのなら、全力でサポートしたい」と明言。だが、この判断に反対する意見がネット上で大多数を占めた。

f:id:imp0201:20190616170153j:plain

 「宮迫さんが何も無かったように戻ってくるのはおかしい。宮迫さんたちへの一定の処分は必要だと思うんだけど。パワハラがあったから。といって、嘘の申告をしたことは帳消しにはならないでしょ。それとパワハラは分けて考えないと」、「なんか違う。悪いことをして処分を受けるのは当然。そこに至るまでの管理の甘さとか、事務所の責任とか、諸々ブラックな部分を謝罪すべきで、処分撤回は的外れだと思った。亮と宮迫は別々に対応して欲しい」、「ギャラ飲みは誤報かもしれないが会社にまで嘘を重ねている宮迫に不信感を抱いても仕方がない。守りようがないとさじを投げるのは当然かと」など契約解除が妥当と指摘する意見が多い。吉本興業が宮迫、亮に対して記者会見の開催に圧力をかけた件と、宮迫が闇営業でギャラをもらっていなかったと会社に虚偽報告して後輩にも口止めをしていた問題は、切り離して考えるべきという主張が目立った。