【スポンサーリンク】

日本が米英など「ファイブ・アイズ」に編入報道 韓国で文大統領に怒りの声が

 日本が英語圏5カ国の機密情報共有体である「ファイブ・アイズ」に編入されるという見通しが出てきた。

 

 英紙ガーディアンが先月29日に報じた記事によると、複数の下院議員の話として、ファイブ・アイズに日本が含まれ、協力分野も軍事・情報だけでなく、戦略的経済協力関係に拡大する可能性があるという。英下院のトゥーゲントハット外交委員長が「ファイブ・アイズは数十年にわたり情報・国防分野で核心的な役割をしてきた。連帯を強化するために信頼できるパートナーを探さなければならない。日本は重要な戦略的パートナーだ」と話したと伝えた。

 

 ファイブ・アイズは1940年代の第2次世界大戦後に米国と英国が機密情報を共有するために締結した協定が、時間が過ぎて英語圏5カ国に拡大し現在の形態に。世界最高水準の軍事・情報同盟として知られている。

f:id:imp0201:20200630110422j:plain

 このニュースは韓国紙・中央日報でも報じられ、韓国のネットユーザーからは「なぜ日本だけ入って韓国は入れないのか?文大統領が国際的な信頼を得られていないということではないか」、「日本だけファイブ・アイズに入れるのはおかしい。政府が米国と良好な関係を築けていないからこういう事態を招いた」など韓国政府や文大統領に批判の声が目立った。