【スポンサーリンク】

緊急事態宣言が発令された夜の渋谷の光景に、「ある疑問」の声が

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍首相が7日夕方、改正特別措置法に基づいて緊急事態を宣言した。テレビ局など各メディアは緊急事態宣言された夜の東京・渋谷の様子を中継で伝えていたが、その光景にある違和感の声が。

 

 ネット上では、「外出を自粛してって言っているんだから、街中のあの大きな明るい液晶スクリーンは消灯した方がいいんじゃないの。街灯も半分くらいにして。夜8時以降の地方のシャッター街のよう真っ暗にすれば、自然とみんな家に帰るんじゃない」、「街の派手な照明も店内の音楽もなくせば、出歩きたくなくなる人がいると思う。買い物も短時間で切り上げようとか。ちょっと淋しいけど、日常と違うと認識させるために有効かと消費もおさえられるし一石二鳥。どうですかね?」などの指摘が。

f:id:imp0201:20200408065546j:plain

 また、「渋谷に人がいないっていう映像を流すから、俺も私も見に行ってみようってなるんじゃないかと。いちいち流す必要はないと思う」、「考えてみると定点カメラだってあるのだから、わざわざレホーター&カメラマン等スタッフを連れて取材する必要があるんでしょうか!在宅勤務が強く求められているなか 災害時等ならいざしらず まずはマスコミ自身不要な取材自粛も必要な気がします!」など、外出自粛が呼びかけられてる中でメディアが現場に繰り出して報道することに疑問の声も多かった。