【スポンサーリンク】

なぜ?女子高生にわいせつ行為で逮捕された医師に「同情の声」が

 京都府警少年課と西京署は29日、京都市中京区、府立医科大付属病院麻酔科の医師の男(32)を府青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、男は4月4日午後1時半ごろから同8時ごろまでの間、同市中京区のマンション室内で、高2の女子生徒(当時16歳)が18歳未満であると知りながら、わいせつな行為をした疑い。2人は約1年前に飲食店で医師の男が女子生徒に声を掛けて知り合ったという。

 

 ネット上では、「こういう事件は社会的地位とか職業とかが問題ではなく、性的嗜好や性癖の問題なんだと思う」、「性的嗜好は人それぞれで、いろいろなものはあると思うし、それは医者だろうがなんだろうが一緒やと思います。せやけど未成年に手を出したらあかんわな。それでも欲求に勝てへんのが人間なんやろな」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200911165019j:plain

 一方で、「年の差があるとはいえ、1年前から付き合っていた仲のよう。若い女が好きな32才の医師と、金持ちの男が好きな16才の女子高生、悪い組み合わせではない。Win-Win.別れ話が、こじれたか?親バレして、こじれたか?どうして、逮捕?」、「お互い納得して付き合うなら別にいいじゃんか」など男に同情の声も少なくなかった。