【スポンサーリンク】

ラグビー観戦後暴行で電通局長逮捕 メディアの「ある報道」に驚きの声が

 神奈川県警港北署は13日、大手広告会社・電通の新聞局長、吉野純容疑者(51)を暴行で現行犯逮捕した。

 

 メディア報道によると、吉野容疑者は同日午後10時15分頃、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本-スコットランド戦が開催された横浜国際総合競技場敷地内で、警備員のアルバイトをしていた大学3年の男子学生(21)の左頬を右手で1回たたいた疑い。現場近くにいた警察官がその場で取り押さえた。

 

 吉野容疑者はW杯の試合観戦の帰りで、観客誘導用の柵をずらして前の人を追い抜こうとした際、警備員に注意されて腹を立てたという。会場で飲酒していたといい、警察の取り調べに対して容疑を否認している。

f:id:imp0201:20191015160259j:plain

 ネット上では、吉野容疑者が実名で報道され、顔が映った映像もテレビ局で流れたことに驚きの声が。「確かに、電通社員で悪事を働いた人間は多いが、メディアで会社名・実名が報道をされたのは記憶にない。昔は新聞・テレビ/ラジオ等、媒体を牛耳っていたから、『報道自粛』されて『大手広告代理店』とかになっていたけど、今はネットがあるから隠蔽できないね。引き続き、どうなるのか追跡してみましょう」、「これは画期的。悪事を働いても電通だという理由で匿名報道だったことが多々あった。忖度せずに顔出し実名報道するようになったことにメディアの変化を感じる」など各社の報道姿勢を評価する意見が目立った。