【スポンサーリンク】

2台の車が共に「あおり運転」で接触 警察の処分に「なぜ?」の声が

 31日午後1時半ごろ、愛知県春日井市の国道19号でトラックと乗用車が1互いにあおり運転と幅寄せ運転を繰り返し、接触する事故が起きた。

 

 メディア報道によると、トラックが中央車線を走る乗用車に幅寄せして、乗用車はハンドルを左に切って接触を回避。すると、今度は、乗用車が車線を大きくはみ出し、トラックに接近。互いの距離がみるみる近づくと2台の車が接触。乗用車のホイールのキャップが破損し、後方車に向かって飛んできた。その後、トラックが乗用車の前に入り込み、2台の車は片側の車線をふさぐように停車した。2台の車は互いに危険運転を15分以上繰り返していたという。


 交通量の多い幹線道路で起きた交通トラブル。運転していた当事者だけでなく、後続車も巻き込んで大事故になる危険性があった。警察は双方の運転手から話を聞き、物損事故として処理しているという。ネット上ではこの対応に批判の声が殺到している。

f:id:imp0201:20190801111909j:plain

 「サーキットでのレースでも、これだけ幅寄せするとペナルティーがでます。それを一般道ですると第三者を巻き込む危険があります。愛知県警も物損ではなく、お互い張り合った両者に厳しい処分をしていただきたいです」、「この人たち、何なんですかね…呆れるばかり。居合わせた何の罪もない人が被害者にならなくて良かったです。もしバイクがいてホイールキャップが当たってたら、亡くなった可能性もある。殺人罪でもいいくらいの重大な罪」、「相手の車両を煽るという意識があり、その行為に及んでいて『事故』扱いしかしない警察の問題意識の低さが一番の問題。事故と事件の違いを理解して欲しい」と2台の運転手に厳罰を求める意見が多かった。