【スポンサーリンク】

木村花さん死去で、デーブ・スペクターの「ある発言」に驚嘆の声が

 25日放送の日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」で、女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が23日に亡くなったことを取り上げた際に、コメンテーターで出演したテレビプロデューサーのデーブ・スペクターの発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 木村さんはフジテレビ系恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していたが、SNSで誹謗中傷を受けて精神的に追い込まれたとみられる。デーブは「卑怯なんですよ。場合によっては誹謗中傷は間接的殺人と言っても過言ではないんです」と批判した上で、「木村さんもそうですけど、ファンが多いので、アイドルもそうですけど、ファンたちが悪口を言われると立ち上がって、SNSの中で『あっち行け』とか『あなたこそダメだ』と言ってくれる。でも、今回は守ってくれるファンもいたけど、足りなかった」と分析した。

 

 さらに、「リアリティー番組は人が落ちていくもの。競争、勝ち抜きなんです。早くいなくなって欲しいとか、自分が応援している人に残って欲しいとか。これはリアリティー番組にある程度、つきものなんです」と分析。「だから、それなりの対応とか、木村さんサイドも割り切るって手はあったとは言え、今回はひど過ぎたんです」と厳しい表情を浮かべた。

f:id:imp0201:20200525204316j:plain

 デーブの考察にネット上では、「こういう分析をちゃんと入れたのはデーブくらいじゃないか。視聴者側が白熱することが見えている番組フォーマットを使っていたということは大事な要素。私的なスキャンダルで炎上するタレントとは違って、そもそもが視聴者の感情を煽る番組だったんだから」、「納得がいった。デーブさん凄い。今まで有名人や芸能人が、SNSで匿名の立場で自分達を攻撃する人間を卑怯者だ人でなしだと罵って、今こそ法の整備が必要なんだと叫ぶ中、そこは確かにその通りなんだけど、なんだかモヤモヤしていた。今回の件は、視聴者サイドだけの問題じゃないんじゃないかと。作るほうには問題はなかったのか、テレビ局は敢えて出演者の炎上を狙った番組を作っていたのに、何故芸能人達はそこをちゃんと指摘しないのか、出演者のフォローを怠った製作陣にもあった責任を見て見ぬ振りをしてないかと。モヤモヤを明確にしてくれたデーブさんに感謝です」など評価するコメントが多かった。