【スポンサーリンク】

志村けんさんが逝去後に沈黙を貫いていた「愛弟子」のある行動に、大きな反響が

 お笑いコンビ・千鳥の大悟が16日、自身のツイッターを更新。フジテレビ系バラエティー番組「志村でナイト」など数多く共演し、プライベートでも親交の深かった志村けんさん(享年70歳)が先月29日に亡くなって以降、ツイッターで初投稿をした。

 

 大悟は「島んちわ! 写真かと思ったら動画やった」と、相方・ノブを撮影した動画を投稿。ノブに写真を撮ると言ってお願いしたが、「写真やと思ったら道がやった。間違えた。ハプニングやわ」と大悟がうれしそうに話す声が流れていた。

 

  志村さんは3月30日に新型コロナウイルス肺炎で急逝。親交の深かった著名人はコメントを発表していたが、大悟はコメントを出さなかったことから、心配の声が上がっていた。

f:id:imp0201:20200210172530j:plain

 今回のツイッターで志村さんの逝去については言及しなかったが、ネット上では、「悲しみが深かったのだろう。言葉にしたくないのなら無理に言う必要も無いです。人の想いはそれぞれ違うのだから」、「あえてコメントを出さない大悟さんが大好きです。これからも応援しています」など理解を示す意見や激励のコメントが目立った。