【スポンサーリンク】

元カノの性的動画投稿の疑いで逮捕 容疑者の「信じられない犯行動機」とは

 元交際相手の女性の性的な動画などをSNSに投稿したとして、神奈川県警伊勢原署は14日、東京都豊島区池袋本町の会社員、玉川俊介容疑者(27)を私事性的画像記録の提供被害防止法違反などの疑いで逮捕した事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、玉川容疑者は昨年8月2日、アルバイトの女性(24)の性的な動画などを複数回にわたってツイッターに投稿し、不特定多数が閲覧できる状態にした疑い。今年に入って女性から「元交際相手との性行為の動画がアップされている」と同署に相談があった。玉川容疑者は以前にも、ほかの複数の女性との同様の動画などをツイッターに投稿していたとみられ、「(ツイッターの)フォロワー数を増やしたかった」などと容疑を認めているという。

f:id:imp0201:20200621154459j:plain

 驚きの犯行動機にネット上では、「完全に思考がイカれてる。承認欲求がおかしな方向向いてる」、「信じられない男が実在するのですね。これはあまりに悪質ですから、即実刑が妥当かと思います」、「他のニュースで、迷惑行為を繰り返したYouTuberがいましたが、この人も、どんなことしてでも注目してほしい、自分を認めてほしいんですね。こうなること考えなかったんだろうか」などのコメントが。また、「何万人の見ず知らずのフォロワーさんよりも数人の親しい友人がいるほうがいい。わたしはそうおもう」、「フォロワー数が多くても芸能人クビになるんだし。フォロワー数なんてなんのステータスにもなりませんよね。やはり普段の毎日が大事だと強く思う」と現実世界での人間関係を大事にする意見も多かった。