【スポンサーリンク】

乳児の首つかんで頭殴り骨折させる 逮捕された男の「職業」に驚きの声が

 交際相手の生後11カ月の娘に暴行を加え、頭の骨を折る重傷を負わせたとして、横浜地検は7日、会社役員の男(24)を傷害の疑いで起訴した。認否は明らかにしていない。

 

 神奈川新聞の報道によると、被告は昨年8月17日、母子が住む海老名市内のアパートで、女児の首をつかんで頭を殴り、急性硬膜下血腫や頭頂骨骨折など全治3カ月の重傷を負わせた疑い。同日朝に女児の頭が腫れていることに気付いた母親が市内の病院に連れて行き、病院から県警に通報があった。被告はたびたび母子のアパートを訪ねていたという。

 

 ネット上では「24歳で会社役員。すごく有能か、とんでもない会社か。人間としてはあり得なかったことに間違えはないが。小さいお子さんをお持ちのお母さんは相手をしっかり見極めて欲しい…」、「若くして会社役員だから一見すごいと思うけど、小さな会社だったら会社役員なんて誰でもできるからね。そんなことよりこんな暴力を生後11か月の赤ん坊にふるうとか考えられない。重罰に処してください」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

 また、「こういう事件が後をたちません。原因は色々あると思うが、シングルマザーで子育てするのに、8割は貧困にあたる。それも改善しなきゃ、いつまで経っても男を頼らなきゃ生きていけないなんて女性の自立は難しいと思う」、「最近同じような事件が多発してるかと思うけど、今までが虐待を見過ごされて明かされてない事あったんだよねきっと。今後はどんどん明らかにして辛い目に遭う子供たちが減るようになってくれればと思う。虐待や体罰は許せません」という指摘も見られた。