【スポンサーリンク】

コロナ感染男性が入院棟の鍵を壊して「行った場所」に、怒りの声が殺到

 埼玉県は31日、新型コロナウイルスに感染して入院していた同県春日部市の40歳代の男性が7月30日の夜に無断で病院を抜け出し、約半日の間、行方不明になっていたことを発表した。

 

 各メディア報道によると、男性は7月16日に感染が判明し、同県羽生市の羽生総合病院に入院。30日午後10時頃、病棟内の鍵を壊して外出し、タクシーで自宅に戻った。31日午前3時頃には自家用車で同県三郷市内の勤務先に滞在。その後、仕事の関係先がある川越方面へ向かった。31日午前、同県川越市の入浴施設「小江戸はつかり温泉川越店」でシャワーを浴びたといい、同施設は消毒を行った。県は同日時点で濃厚接触者は確認されていないとしているが、同施設を利用し、不安がある人は保健所への連絡を呼びかけている。

 

 家族の届け出に基づき、警察官が同日午前10時、入浴施設周辺で男性がいるのを確認。男性は県内の別の医療機関に再入院した。男性は無断外出の理由を「仕事の進み具合が心配だった」と話しているという。

 

 男性の身勝手な行動にネット上では「仕事の進み具合が心配と言うなら電話で確かめれば良い訳だし、わざわざ温泉施設に行く理由は無い。こういう奴には鍵を壊された病院や消毒をすることになった温泉施設は賠償請求もんよ」、「仕事の進み具合が心配と言いながら、見つかったのが温泉施設!?自分がウイルスを撒き散らす行動をとったという考えはないのか!?この男性には、鍵の弁償代と消毒にかかった代金を全額払ってもらうべき。」など怒りのコメントが。

f:id:imp0201:20200711163358j:plain

 一方で、「この男性はとんでもなく迷惑だし、治療に当たった医療従事者の方々の努力を水の泡にする身勝手なのは言うまでもないけど、16日に感染が判明して入院、ってことは唐突に14日も入院する羽目になってしまったってことだよね。この人みたいにならないよう、いつ入院生活がしばらく続いても良いように、仕事の引き継ぎとか身の回りの整理とか、いざという時の遺言とかも含めて考えなくちゃいけないのかも」という意見も見られた。