【スポンサーリンク】

新型コロナで影響? コロナビール販売で「ある動き」に反響が

 名古屋市中村区のビックカメラ名古屋駅西店で「俺コロナだよ。コロナだよ」などと叫び、業務を妨害した疑いで31日朝に送検された名古屋市中村区の会社員・岸野尚史容疑者(42)の発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 東海テレビの報道によると、岸野容疑者は当時、酒に酔っていて店員らに「コロナだ」と何度も叫んだ後、「コロナビールを飲んだと言った」と言い訳していたという。

 

 ネット上では、「今この時期に街中で『コロナ』って叫べばどんな状態に陥るかは誰だって分かるはず。言い訳が幼稚だし、弁護士が来てから話すとか偉そうなことぬかしているあたり、反省云々以前に性根が腐っていると見た。塀の中でしっかりお灸据えてもらうといいわ」、「新型コロナウイルスはヒトを殺す殺傷能力があるわけですから、自分がコロナだと叫ぶ事は街中で日本刀を振り回すのと同じくらい洒落になりません。逮捕して頭を冷やしてもらう事に異議はありません」など批判の声が。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 また、岸野容疑者が発言したコロナビールもネットで話題に。米国最大のビール輸入会社「コンステレーション・ブランズ」は、自社製品のコロナビールと世界で拡大する新型コロナウイルスの間には「関係がないことを承知している」という声明を発表している。SNS上では、「コロナビールは風評被害だよな。かわいそうだし、こういう頭のおかしな男がコロナビールを口にすることで企業ブランドにも影響を及ぼす」、「開き直り企画でコロナビールを推したり、567円(コロナ)の価格設定でサービス品出したりしている店も多数あるので、開き直り系も気を付けた方が良いかもしれませんね。自粛、自粛で派手なええじゃないか状態になっていきそう。気を付けたいですね」などのコメントが見られた。