【スポンサーリンク】

20代男性に非難殺到 富士山で「動けない」救助隊捜索も連絡せずに自力下山  

 大手メディアによると、富士山を登山していた20歳代男性が20日午後に「疲れて動けない」と富士吉田署に通報した。救助隊員6人が捜索を続けていたが、男性は自力で下山。同日夜に東京都内の自宅に戻るまで下山したことを同署に連絡せず。この行動に非難が殺到している。

 同署によると、男性は同日朝に単独で麓から登り始めた。アイゼンをつけないなど軽装で、登山届も提出していなかった。8合目付近で動けなくなり、午後12時40分頃に救助を求めた。当日は曇天だったためヘリによる救助ができず、県警の救助隊員が5合目から現場に向かった。途中で男性と連絡が取れなくなり、午後9時半頃まで捜索は続けられた。その間に男性は麓まで歩き、電車で帰宅。男性から連絡があったのは午後10時頃だったという。

 

 男性は心身共に疲弊しきって連絡することまで頭が回らなかったかもしれない。だが、夜遅くまで捜索をしていた救助隊員の苦労を考えると、午後10時まで連絡しなかったのはあまりにも無神経と言わざるを得ない。ネット上では、「なんて無責任なんだ。 安易に山を登ったうえ、結局帰れたなら救助要請したなら、下山出来ると判断した上できちんとその時に連絡する。それしきのことなんで出来なかったんだろ?山の中ゆえ、体力を過信して安易に動き回ってしまうのも危ないので、救助要請するなとは言わないが、救助しにいく人にも大事な命があり家族がいることを忘れてはいけない。それにこんなことが続いたら、本当に必要な人のために必要な救助が出来なくなることが恐ろしい」、「今後こういう輩が出ないよう、名前を出し救援費用額も公表して払わせるべき。ここで変な温情を与えたら辛い思いをするのは救助隊の方自身ですよ」と非難の書き込みが殺到した。

f:id:imp0201:20190522103846j:plain

  また、「捜索隊も現役警察官ではなく警察OBで組織して有料にすれば良い。県警のヘリでも救助の際は実費請求。最悪の場合に備えて保険に入れば問題ないはず。入山届がない場合はさらに費用上乗せで」という意見もあった。