【スポンサーリンク】

韓国紙が日韓貿易「事実上日本の判定負け」報道 日本である疑問の声が

 韓国紙・中央日報によると、韓国の与党・共に民主党のシンクタンクである民主研究院が23日、日韓の貿易摩擦から100日目を迎え、「事実上、日本の判定負け」と評価したと報道した。

 

 チェ・ファンソク民主研究院研究委員が記者会見で「両国の貿易紛争の中間評価は事実上、韓国の判定勝ち」とし、「主要海外機関は韓国経済が深刻な水準の打撃は受けていないと評価した」と語ったという。

 

 チェ研究委員は「国内企業の実質的な生産に支障が発生した事例は皆無であり、国内企業はサプライチェーンを米国、シンガポール、台湾などに早期に多様化し、必要な在庫を確保している」と説明。「サムスン電子、SKハイニックス、LGディスプレイの3大企業の売上高の予測値は輸出規制以前と同じか、むしろ増加している」と強調した。

 

 また、日本の貿易状況についても言及。「輸出規制により市場内の日本の輸出企業の業績悪化の憂慮が徐々に浮き彫りになった」として、「実際、ほとんどの素材・部品・機器品目で日本の輸出減少幅は全体平均に比べ、韓国で3~4倍以上大きかった」と語った。

f:id:imp0201:20191023183247j:plain

 この報道に対してネット上では、「良かったですね!これでもうホワイト国に戻さなくても良いですよね!自立して頑張ってくださいね!」、「おめでとう。素晴らしい。だったら、ずっと現状でいいではないか?」、「そうですか、韓国の勝ちですか。それは良かった。ならばWTOへの提訴は取り下げてね」、「おめでとう、勝ったのだからホワイト国除外のままでいいのでは?半導体材料の内製化も進んでいるみたいだし」などの書き込みが。「事実上日本の判定負け」ならば、韓国との貿易関係は現状維持のままでよいのではと疑問を呈する声が目立った。