【スポンサーリンク】

韓国紙「ASEAN+韓日中の通貨スワップ発効」に、「韓国はヌカ喜び」の声が

 韓国紙・中央日報は23日、韓国銀行(韓銀)が域内多者間通貨スワップ「チェンマイ・イニシアティブのマルチ化」(CMIM)改訂契約が発効したと明らかにしたことを報じた。  

 

 同紙によると、昨年5月のASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3財務相・中央銀行総裁会議ですでに合意していたが、一部の国の承認手続きが遅れ、効力発生まで1年余りかかった。CMIMはASEANプラス3加盟国が通貨危機に対応して流動性を支援する域内多者間通貨スワップで、2400億ドル規模で運営される。危機を迎えれば、支援要請国は自国通貨を提供し、支援国は分担金比率に基づき米ドルを提供する。韓国は分担金比率に基づき危機時に最大384億ドルを引き出すことができる。

 

 同紙は「今回の改訂契約は国際通貨基金(IMF)連係資金の延長回数や最長支援期間の制限を廃止することで、IMFプログラムとの連係性を高めた」と成果を強調した上で、「IMFとの共同支援が円滑に進むよう、初期段階から金融経済状況、資金需要、政策勧告の必要性について意見交換と情報共有をすることにした」と論じた。

f:id:imp0201:20200612212523j:plain

 この報道に、日本のネットユーザーからは「今の時期に2400億ドルも有るのかね。それ以前に引き出せる金額を言っているが、拠出する金額は書いてないが大丈夫か?拠出もせずに引き出しするなんて無理だよ。それにASEAN相手だと言う事は拠出金が引き出し金より多いのは確実だろう」、「韓国側はヌカ喜びをしています。借りる側と貸す側の理解の下、通貨スワップ協定が結ばれるので、取り敢えず韓国側が要請したとしても日本国は貸しません。悪しからず」など懐疑的なコメントが目立った。