【スポンサーリンク】

新型コロナ感染者100人超えの北海道 道民の「ある行動」に批判の声が

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、緊急事態宣言中の北海道は8日に3人の感染が判明し、感染者が100人を超えた。北海道の発表によると、感染が確認されたのは、北海道岩見沢市に住む無職の60代男性と70代女性、旭川市の70代男性だという。

 

 ネット上では、「市内のパチンコ屋の駐車場を見るとたくさんの車。大型ショッピングセンターも同様、道民の意識がもう少し変わらないとまだまだ感染は拡がるでしょうね」、「道民です。正直なところ道民に危機感はあるのか?と疑問を抱いています。スーパーには親子で買い物。とある回転寿司店にも親子で楽しんでいる姿。とりあえずふだんはマスクをしておけば大丈夫といった楽観的な人が多すぎる」、「札幌ですが、スーパーやドラッグストアーは行かざるを得ないけど、飲食店やパチンコ屋の駐車場の車の数も普段と変わらないですね。自覚が足りないわ。まだまだ増えるだろうな」など道民の危機意識の低さを指摘する書き込みが目立つ。

f:id:imp0201:20191228162238j:plain

 また、「意識が低い云々は北海道に限らず、日本全体に言えることだと思います。私の友達も、春休みだからか、旅行へ行ったり、映画館へ行ったりと色々なところへ出かけてはインスタのストーリーに載せて、と危機感が感じられない行動が多い気がします」、「北海道は検査者の数が多いために罹患者数の発見が多くなっているものと思っています。全ては検査をしていないために、増加していないように写っていただけ。中国の習近平国家主席の訪日を諦めてからは展開が早くなっているのではありませんか。即行で、中韓に対して渡航制限をかけたり、検査にも保険が適用されるようになりました。さらには、検査数の増加に伴い、罹患者の爆発的な増加が目に見えてきそうです。北海道だけではないはずなんですよ」などの意見も見られた。