【スポンサーリンク】

中国で麻薬運搬罪の愛知元市議への判決に、「日本も見習うべき」の声が

 メディア報道によると、中国広東省広州市で麻薬運搬罪に問われた愛知県稲沢市の元市議、桜木琢磨被告(76)の判決公判が広州市の中級人民法院(地裁)で8日に開かれ、無期懲役が言い渡された。弁護人が明らかにした。

 

 桜木被告13年10月、広東省広州市の空港から帰国する際、手荷物検査で持っていたスーツケースから約3.3キロの覚せい剤が発覚。違法な薬物を運んだ罪で起訴されていた。スーツケースは共に起訴されたマリ人の男から渡されたものとされ、桜木被告はこれまでの裁判で「覚せい剤が入っていたことは知らなかった」と一貫して無罪を主張していたが、14年8月に死刑を含む求刑をされていた。

 

 ネット上では、この判決に対して大きな反響が。「知らなかったでは済まない。本当に知らないかどうかは内心のことはわからないが、客観的な状況はアウトではないか。外国人に頼まれて荷物を受け取ったとは普通では考えられない」と判決に理解を示す一方、「76歳という年齢でそんな危ない橋を渡るかな。本人が主張するように冤罪の可能性が…。無期懲役は厳しいね」と異を唱える意見があった。 

f:id:imp0201:20191108155123j:plain

 また、麻薬運搬罪で無期懲役という今回の判決に対して別の見方が。「中国の量刑の重さはすごい。それに比べ、日本の違法薬物に関する量刑、軽すぎない?先日も外国人が末端価格が莫大な金額となる薬物を持ち込み逮捕されたが、裁判となると量刑が軽過ぎる。法律改正して厳罰化するべき」、「この市議の事件の真実はともかく、日本は薬物犯罪についての量刑が軽すぎる。中国の司法制度を見習うべきだと思う」という書き込みもみられた。