【スポンサーリンク】

元AKB渡辺麻友が芸能界引退に、中国のSNS上で「ある疑問」の声が

 元AKB48で女優の渡辺麻友さん(26)が1日、所属事務所を通じて芸能界引退を発表したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、所属先のプロダクション尾木からの発表として、渡辺さんは数年間にわたり体調が優れず、「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」と申し入れがあったという。協議を重ねてきた結果、本人の意思を尊重して5月31日で契約を終了し、芸能活動を終えることになったという。

 

 渡辺さんは06年にAKB48に3期生として加入し、翌07年にデビュー。14年のAKB48選抜総選挙では1位となった。グループを卒業後は女優としても活躍し、19年に放送されたNHKの連続テレビ小説「なつぞら」などに出演した。 

f:id:imp0201:20200503204519j:plain

 スキャンダルが全く出ない「清純派アイドル」だった渡辺さんは中国でも高い人気を誇っていた。中国SNSの微博では、「ショックです。青春時代に一番好きだった人。漫画の中から出てきた美少女だった。まだ26歳。これから女優としてさらに光り輝くのになぜ辞めてしまうのだろう」、「歌もうまいしソロでも十分やっていける。なんでこんなスーパーアイドルが辞めちゃうの?」など芸能界引退に疑問を呈する声が。また、「詮索してはいけないけど健康上の理由って言うのが気になる。1人の女性として彼女には幸せな人生を歩んでほしい。重い病気とかでなければいいけど」と体調面を心配するコメントも多かった。