【スポンサーリンク】

中国紙がU-19女子代表の韓国人監督を痛烈批判 日本国内は意外な反応が 

 タイで開催中のU-19女子アジア選手権で、強豪の中国代表が同大会でベスト4入りを逃し、来年ナイジェリアで行なわれるU-20女子ワールドカップへの出場権を得られなかった。同大会でベスト4入りできなかったのは今回が初だった。この屈辱的な結果を受け、中国全国スポーツ紙・新浪体育がチームを率いた韓国人監督、パク・テハ氏を痛烈批判した記事が大きな反響を呼んでいる。

 

 今大会の中国の戦績は1勝2敗。初戦で韓国に1-2で黒星スタート。2戦目のミャンマー戦は5-1で快勝を飾ったが、グループリーグ突破を懸けた最終戦・日本戦に1-2で敗れた。

 

 同紙はパク監督の前近代的な戦術を批判。「パク・テハは女子B代表の監督を務める傍ら、今年2月からU-19チームの指揮を執ることになった。だがそのトレーニングは驚くほど時代遅れで、選手たちに筋トレや走り込みを倒れるまで強いるようなスパルタ式だ。伸び盛りなタレントの個性をまるで活かそうとせず、今大会でも5-4-1の守備的なシステムを採用して、格上の日本に対してならまだしも、韓国やミャンマー相手にもロングボールをひたすら放り込む肉弾戦を仕掛け続けた。いまどき、男子チームでさえピッチ上でやらない泥臭い戦術である。育成年代の指導者としてはまったくの人選ミスで、大失敗だ!」と断じた。

 

 また、今大会前に追放処分を受けたMFシェン・メンギュの不在も試合に影響を及ぼした。昨年にフランスで行なわれたU-20女子ワールドカップで、16歳の若さで中盤の要として奮闘したシェンは、U -19チームでは立ち上げから大黒柱として主将を務めていたが、今大会を前に突然追放され、中国国内のすべての大会に6か月間出場できないペナルティーが科された。不動の主将で中盤の要だったシェンを欠き、攻守で効果的なパス回しができず劣勢でチームを鼓舞するリーダーもいなかった。

 

 同紙は「あまりにも厳しく馬鹿げている。非現実的だ」と評し、その真相について、関係者の話を引用。「シェンは一度、チーム練習に遅刻をしてきたようだ。その際に口紅が付いていたため、それを見たパク監督が激高し、即刻追放処分を決めたという。たしかにルール遵守は大切だが、中国女子サッカーの未来を担う逸材にする仕打ちではないだろう。半年間も彼女はなにをすればいいと言うのか」と批判した。同紙は最後に「優勝さえ狙える戦力があったのに、経験不足な指揮官のせいでフイになった。なんとももったいない話だ」と結んだ。

f:id:imp0201:20191103164711j:plain

 同紙の報道に日本では様々な反響が。ネット上では、「もともと『自分に優しく他人に厳しく』な国の人ですよ?監督にさせた中国も良く考えるべきではないでしょうか。起こるべくして起きたようなものです」、「勝つために必要な事か?やっている事が幼稚。なんでこんな奴を監督に?時代錯誤も甚だしい」などの意見や、「代表から外されるのはわかるが6ヶ月はやりすぎだな。育成年代でそれをやるのは自分で自分の首をしめている」とシェンへのペナルティーが重すぎるという指摘も。一方で、「確かに追放はやり過ぎだとは思うが、今の中国代表がアメリカと互角にやり合っていた頃の強さを取り戻すには、技術や戦術の前に今一度、規律から正していかなければならないのは事実だと思う」とパク監督を擁護する意見もあった。