【スポンサーリンク】

ネイマールが酒井宏樹に「クソ中国人」発言 中国人から「ある疑問」の声が

 現地時間9月13日に開催されたリーグ・アン第3節のパリ・サンジェルマン対マルセイユ戦で、パリSGのネイマールが日本代表DFでマルセイユに所属する酒井宏樹に「クソ中国人」と人種差別的な言葉を発した疑惑が浮上し、大きな波紋を呼んでいる。

 

 試合中からラフプレーが目立った両チームは、後半アディショナルタイムについに衝突。パリSGのレーバン・クルザワとネイマール、マルセイユのジョルダン・アマビは一発レッド。レアンドロ・バレデス、ダリオ・ベネデットは2枚目のイエローカードが出され、計5人が退場者処分となった。

 

 試合後、ネイマールはマルセイユのアルバロ・ゴンサレスから人種差別的な言葉を投げかけられたと自身のSNSに投稿。サッカー界から人種差別を一掃することを訴えた。だが、ネイマールもアルバロに同性愛嫌悪発言をしたり、酒井宏樹にも「クソ中国人」と人種差別的な言葉を発した疑惑が浮上。批判の矛先が向けられている。

 

 中国のネット上では「絶対に許せない。なぜ日本人は怒りの声を上げないのか」、「ネイマールの言動をこのままスルーしていいのか。日本人がこの発言を見過ごしていること疑問を覚える」などの反応が。日本のネットユーザーからも「これに関しては中国人の意見に賛同するよ。欧州や北米では、アジア人軽視が間違いなく存在する。黒人差別には敏感に反応するが、アジア人は声をあげないため、スルーされるケースがほとんど。これからは怒る時は怒らんと。主張すべきはしないと。いつまでたってもなくならない」と賛同する声が見られた。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 一方で、「個人的には酒井の大人な対応の方が好ましい。くだらないことで集中乱されたくないと思う。声を上げることがとか言うけど、試合後でもいいし、今回みたいにきっちり処分が下れば十分では?」という意見も見られた。