【スポンサーリンク】

なぜ?韓国人と中国人の間で起きたトラブルに、日本で「意外な反応」が

 韓国・ソウルの繁華街、弘大入口駅近くの路上で29日、韓国人3人と中国人4人が暴行容疑で警察の取り調べを受けた事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 韓国のメディア報道によると、同日午前1時30分ごろ、韓国人と中国人の集団が歩行中に相手の肩にぶつかったことで口論に発展。中国人一行は取り調べに対し、「韓国人一行が『中国に帰れ』などの発言をした」と陳述したという。この発言に中国人の1人が激高。韓国人一行に対して先に暴力を振るった。韓国人がこの中国人を取り押さえて暴力を止めようとしたが、暴行騒ぎに発展したという。

 

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大している件が、今回の騒動の背景になっている可能性が高い。ネット上では、「飲食スタッフですが、韓国人の気持ちわかります。団体でいっせいに来てあちらはマスクもせず無防備。大声で話すわ、モラルがなくエチケットもしない。こちらが予防しなければならず…。内心、来るな!!早く帰れ!!と思います」という意見がある一方で、「これは、韓国人が圧倒的にレベルが低いだろ。中国の方は、心痛めるよ。よく、この話で中国の方が民度が低いと言えるな。日本で同じ様な事起きて言われたらどう思うんだろう。ここで言われた方を非難している方の方が民度が知れてるだろ。何様なんだ。大変だろうけど、中国の方は頑張って欲しい」と中国人を擁護する主張も。

f:id:imp0201:20191229165353j:plain

 また、「もって他山の石とすべき。これまではカネを落とす上客として無節操に呼び込んでおいて、一旦ネガティブな事件が起こると手のひら返しで排斥する。こんなことをやっていたら感染拡大の終息後も人は来なくなる。こういうときほど『流石日本は本当の文明国』と思われる冷静な対応をとれば、イメージアップは計り知れない」という指摘もみられた。