【スポンサーリンク】

韓国高官「日本は韓国がアジアの主導権握るのを懸念」発言に、中国で疑問の声が

 韓国大統領府の金尚祖政策室長が1日、MBCラジオの番組に出演した際の発言が話題になっている。

 

 金室長は産業通商資源部の兪明希通商交渉本部長が世界貿易機関(WTO)事務局長に出馬することについて、日本が反対の立場を見せているという司会者の言及に、「韓日関係が過去の垂直的関係から水平的関係に変わり、日本がアジアで主導権を失いかねないとの懸念が背景にあるもの」と指摘。「兪本部長が事務局長になれば韓国の利益を保護する重要な役割をするだろう。重要な選挙であり十分に勝算がある」と主張した。

 

 また、金室長は「日本としては当然韓国の候補がWTO事務局長になることはありがたくないだろう。今後日本が自国の利益を守ろうとさまざま活動をするだろうが、それに備えてわれわれも総力を尽くす考えだ」と発言。日本が脅威を感じる原因として、主要7カ国(G7)首脳会議を拡大して韓国を含めようとする米国の構想を挙げた。

 

 日本のネット上では、「ちょっと自己評価が高過ぎるかと。脆弱な通貨ウォンと中国の近くの陸軍中心の軍事力で国際的に何が出来るのだろう。更にG7入りに加盟全メンバーの承認が必要なら、アジアで日本と相互信頼のあるパートナーシップを確立出来ない事には日本を説得出来ない。要は今の政策では無理という事。その本質を語らないでこの発言をするのは、入れないとわかったうえで、国内世論重視のいつものやり方だろうね」、「またそうあってほしいという願望がさも事実のように発言してますな。G7は世界の安定を講じることに尽力する国、またそのために必要な国、その資格を持つ国なのです。WTOにおいても世界の貿易の公正性を守ることを目的としているもの。その観点から、自国の利益のみを目的としている国はまったくもって必要無いし、その資格すらない。世界の主要国は見抜いているのだ」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200612212523j:plain

 このニュースは中国のネット上でも取り上げられ、「アジアの中で中国がGDPでトップだよ。世界のGDPで2位の中国と3位の日本が争うという話なら理解できるけど、韓国がアジアの主導権を握るとか理解できない」、「韓国はG7で米国に招待されて舞い上がっているのでは?利用されているだけだし、他の参加国が賛同しているわけでもない。もう少し冷静になって自分たちの立ち位置を見つめ直したほうがいい」など手厳しい書き込みが見られた。