【スポンサーリンク】

武漢肺炎 ある国の感染状況に、「中国超えるパンデミック」懸念の声が

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大している件で、7日23時現在までに確認された世界各国、地域の感染者の統計発表が波紋を呼んでいる。

 

 中国では7日までに3万1161人の感染を確認。死者636人の大半は武漢で確認されている。

 

 以下は国・地域別の感染者数だ。

 シンガポール:33人

 日本:25人

 タイ:25人

 香港:25人(死者1人含む)

 韓国:24人

 台湾:16人

 オーストラリア:15人

 マレーシア:15人

 ベトナム:12人

 マカオ:10人

 インド:3人

 フィリピン:3人(死者1人含む)

 ネパール:1人

 スリランカ:1人

 カンボジア:1人

 米国:12人

 カナダ:5人

 ドイツ:13人

 フランス:6人

 英国:3人

 イタリア:3人

 ロシア:2人

 フィンランド:1人

 スペイン:1人

 スウェーデン:1人

 ベルギー:1人

 アラブ首長国連邦(UAE):5人

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス(Diamond Princess)」:61人

 

 アフリカ大陸、南米大陸での感染者数が確認されていない。ネット上では、「中国人が大量に行っているはずのアフリカ大陸が0と言うのは疑問。WHOが機能不全である査証とも言える。街毎封鎖しても増加傾向にほとんど変化がないと言う事は、中国国内はアンコントロールとも思える。自然に任せて減少するのを待つしかあるまい。そうすると収束は半年から二年と見るがどうだろうか。経済的な打撃は避けられないと思う」、「南米とアフリカ大陸の諸国は感染者を確認するすべがないか対処できないから諦めて確認しないことにしていると思う。堰を切れば一気に数百、数千になると思うから今から入国禁止の準備をしておいた方が良い」など指摘の書き込みが。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 また、「ついに恐れていた『インド』にも感染者が現れました。現在、隔離入院中。貧困住民迄、検査治療が行き渡る事を願います。地球規模の汚染となってきた新コロナウイルスです。WHOの責任が問われるでしょう」、「中国と世界2トップの人口数を誇るインドで感染者の数が瞬く間に広がる危険性がある。感染者を隔離しているとも思えないし、病院にも行けない人たちが住む貧しい地域が多い。中国を超えるパンデミックになる恐れもあるから考えないと」とインドの感染状況を懸念する意見が多かった。コロナウイルスが終息するメドが見えないだけに、各国は対策に頭を悩ませる日々が続きそうだ。