【スポンサーリンク】

武漢肺炎で「東京オリンピック中止」の情報拡散に、中国で意外な反応が

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大している件にで、日本のツイッターでトレンドワードに、「東京オリンピック中止」が30日午前中にトップ10入りして大きな反響を呼んでいる・

 

 この情報が拡散したのは、あるニュースサイトに「東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議」というタイトルの記事が29日に掲載されたことが発端とみられる。実際は東京五輪が中止になるというのは事実無根だが、ネット上では「日本政府の対応がこのまま呑気だったら、現実味帯びるよ。この為に頑張ってきた選手や関係者の方々は可哀想だけど…オリンピックより人命優先でしょ」、「冷静に判断すれば、5月までに収束しなかった場合、東京オリンピックは中止すべきである。WHOからの終息宣言が出ない状態で開催した場合、さらに世界中にウィルスが拡散されることになってしまうし、日本国内もパンデミック状態になると考えられる」など五輪開催に否定的な書き込みが目立った。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 一方で中国では違った見方が。ネット上で中国語で書かれた書き込みを見ると、「日本は救援物資を送ってくれたり援助してくれている。東京五輪開催できることを祈っています」、「中国が大変な時期に日本が色々助けてくれている。早くこの問題が収束して五輪が無事に行われるようにと思う」など東京五輪開催を望む意見が少なくない。今は感染の拡大を抑えるために各国が対策を徹底しなければいけない。