【スポンサーリンク】

中国新型肺炎 文大統領の発言に、「そこまで言って大丈夫?」と驚きの声が

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大し、韓国国内で3人目の患者が確認された26日、文在寅大統領が疾病管理本部長および国立中央医療院長と電話で対話し、国民に「過度に不安を抱くべきではない」というメッセージを出したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 韓国紙の報道によると、青瓦台(大統領府)のハン・ジョンウ副報道官が同日、「文在寅大統領は26日午前10時25分から37分間、鄭銀敬疾病管理本部長、チョン・ギヒョン国立中央医療院長から電話で新型コロナウイルス感染症対応状況に関する報告を受け、対応関連の指示を出して労った」と明らかにした。また、ハン副報道官は「チョン医療院長は旧正月連休の非常勤務状況を文大統領に報告し、国民の安全のために最善を尽くすと述べた」とし「文大統領は国民の不安が収まるよう疾病管理本部を中心に積極的かつ先制的な対処を続け、部処全体レベルの協業と力量動員が必要な事案について建議すれば最大限の支援を約束する」と伝えたという。

f:id:imp0201:20200102104556j:plain

 韓国国内のネット上では、「過度に不安を抱くべきではないって大丈夫なのか?もう少し神経質になってもいいのでは」、「これからどれだけ感染が広がるのか…不安で仕方ない」などの書き込みが。中国だけでなく外国でも患者数が増加しており、今後の感染拡大が懸念される。