【スポンサーリンク】

自宅待機を無視して飲食店に コロナ感染男性の「実名公表」求める声が

 新型コロナウイルスへ感染したことを把握しながら、愛知県蒲郡市内の飲食店に立ち寄っていた50代男性の行動が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、男性は感染が先に判明した両親と同居しており、症状は出ていなかったという。陽性と判明後、「今から駅前でコロナウイルスをばらまく」と家族に伝えて一人で同市内の飲食店へ。男性は現在医療機関に収容されているという。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 ネット上では、「こんなことはあってはならないはず。実名公表の上、法的に厳正な処分をしなければ、こういった人が他にも出てくるかもしれない。県知事も蒲郡市長も、この人に対しては市民を守るためにもしっかりと厳正な判断をしてほしい」、「これは間違いなく県警は威力業務妨害で立件すると思います。逮捕して実名を公表すべき。お店は損害賠償請求しよう」など男性の実名公表を求める書き込みが多い。また、「今の法律じゃ拡大解釈しても傷害罪が精いっぱいかな。与野党で早急に協議して対策法を成立させてほしいし、その中にこういう輩の厳罰も盛り込んでほしい」と早急な法整備を訴える意見も目立った。