【スポンサーリンク】

武漢肺炎 中国から帰国した子供の見学を拒否した幼稚園に、擁護の声が殺到

 中国から帰国した子どもに対して見学を拒否した幼稚園の判断を巡り、大きな反響を呼んでいる。

 

 朝日新聞の報道によると、東京都内の40代女性が3日に幼稚園に見学を申し込んだ際、「中国からお帰りの場合、見学は無理です」と電話口で言われたという。女性は夫の仕事で1年半前から中国・広州市で滞在。春節に向けて1月5日に入園前の長男と乳幼児の長女を連れて一時帰国し、当初は1カ月ほどで戻る予定だったが、新型肺炎で状況が一変した。日本でしばらく暮らすことを決め、4月から入園できそうな実家近くの私立幼稚園に電話した際に中国からの帰国だと伝えると、「見学するな、塀の外から」「3月の卒園式以降なら見学可能」と言われたという。

 

 新型コロナウイルスの潜伏期間は12.5日間とされている。帰国から1カ月たち、せきや発熱などの症状もない。診断書や帰国日が記されたパスポートを出すと訴えても、受け入れてもらえなかった。女性から相談を受けた区役所は、園に「明らかな過剰反応。適切な対応を取るように」と注意したという。

 

 このニュースにネット上では、幼稚園の判断を擁護する意見が大多数だった。「やむを得ないと思います。隔離期間は14日間とされていますが、確かなことは何も判明していない。症状がない保菌者もあり、その場合は、どのタイミングで他人に感染させることがあるのか、ないのかも、わからない。抵抗力が弱い園児達に万一のことがあったら、謝罪で済む話ではありません」、「え?当たり前じゃない?これだけ感染が広まっていて無症状の人もいるんだし。沢山の子供たちを預かっている場で過剰反応するのは当然。親からももし受け入れたらクレームくるだろうし。差別じゃなくて防衛だよ。一時帰国できただけでも良かったと思って自宅で過ごしてほしい」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20200210064804j:plain

 また、「幼稚園の対応は正しいと思う。むしろ過剰反応とする区役所がおかしい。幼稚園が公立か私立かは知らないが、区役所は幼稚園と同じ方向を向くべきなのに、意見が分かれている時点で、区役所と所管保育園幼稚園との連携不足」という指摘も見られた。