【スポンサーリンク】

武漢肺炎で帰国邦人担当職員が自殺…同日の安倍首相の「ある行動」に批判の声が

 1日午前10時15分ごろ、埼玉県和光市の国立保健医療科学院の敷地内で、新型コロナウイルスの感染拡大により、中国・武漢から日本政府のチャーター機で帰国した邦人の受け入れ業務に当たっていた内閣官房の男性職員(37)が倒れているのを入所者が見つけ、119番通報した。男性職員は病院に搬送されたが死亡が確認された。埼玉県警によると、男性職員が発見されたのは敷地内の路上で、帰国者が入る同科学院の寄宿舎から飛び降り自殺した可能性が高いという。遺書は発見されていない。男性職員は1月31日から泊まり込んで受け入れ業務に従事していたという。

 

 ネット上では、男性職員の冥福を祈る書きこみが殺到すると共に、安倍首相にも批判の矛先が。安倍首相は同日午後0時42分、東京・芝公園のホテルで開催されていた成蹊学園卒業生らが主催する「安倍晋三さん衆議院議員在職25周年を祝う会」に出席していた。この行動に、「帰国した方々はまだ隔離され、感染者も増えてるのに今の状況で自粛する気持ちなかったのか!それに官僚の自殺者が出てしまって。実際に動き回っている現場は相当大変だと思う。安倍は閣僚達は口先で指示だすだけ。安倍の対応から国民思う気持ちは微塵も感じない。官僚達は安倍政権に忖度しないで目を覚ましてほしい。安倍の悪行しりぬぐいやら感染症の対応大変。もう尻ぬぐいはやめましょう、リークなりどんな方法でもいい正直になり余分な尻ぬぐいの仕事から解放されてほしい。良心のある官僚は絶対自殺しないでもらいたい。内情を誰かに知ってもらい正直に話し楽になってほしい」という書き込みが。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 また、「徹底的に調べてほしい。これはおかしい。咄嗟に衝動的になる様な事と違う。第三者委員会を設けて周辺の同僚や第3便の方々の目撃や接したときの印象、携帯なども全てを調べるべき。コロナウイルス関連の死者第1号が受け入れ業務職員の自殺なんてあってはならない」、「東日本大震災の時も、阪神淡路大震災の時も、サポートに当たる公務員らが過労死したり、自殺するケースが少なからずあった。政治家などは偉そうに指示するだけだけど、対応に当たる現地スタッフは本当に大変だと思う。そういう人たちをサポートする体勢をきちんとしてほしい。それも政治家の役割だ」という指摘も。原因が定かではないが、男性担当職員が自殺に追いつめられた事実を政府は重く受け止めなければいけないだろう。