【スポンサーリンク】

新型ウイルス 武漢で入院していた邦人男性死亡で、「大きな謎」指摘の声が

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大している件で、重い肺炎で入院していた60代の日本人男性が亡くなったことが報道されて大きな反響を呼んでいる。

 

 亡くなった男性は昨年12月16日ごろから発熱などの症状があり、先月22日に武漢市内の病院に入院していた。男性は、新型コロナウイルスに感染している疑いが高いという検査結果が出ていたが、最終的な判定結果は確定していない状況だったという。

 

 ネット上では、「いまだに『新型コロナ疑い』の域を出ていなかったのですね。診断が確定していないのはなぜなんだろう?」、「22日に入院していて重症化もしているのに検査はしてなかったの?この人は感染者にカウントされてなかったの?この状態で検査も出来ずカウントされてないなら発表数は全く信用出来ない」など疑問の書き込みが。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 また、「ここ数日気になっていたのですが…ご冥福をお祈りいたします。そして政府に強く言いたい。すでに遅いけど、中国人の入国をとにかく禁止、マスク転売の罰則だけでもすぐやってください。中国は町が封鎖され始めているから大都会に逃げてきたのが、更に日本へ来る可能性が高い。日本人を守るのか中国人を守るのか、はっきりさせてください。事と次第によっては、日本人の私達も覚悟を決める必要があります」、「新型肺炎ウイルスは非常に恐ろしい強敵です。残念なことについに日本人の犠牲者が出てしまいました。人類とこのウイルスとは共存できるものではないと思います。現在は非常事態です。全力でウイルスに立ち向かわないといけません。今後重症感染者が増加してくると入院病床が不足します。ウイルスを隔離して治療できる病棟もしくは病院の増設を至急おこなう必要があります」など日本政府に対する要望の意見も多かった。