【スポンサーリンク】

文大統領が新型肺炎「濃厚接触者」と接触報道に、「冷ややかな声」が

 韓国の文在寅大統領が、新型コロナウイルス感染者と接触していたイ・スンホ大邱広域市経済副市長が出席した会議に同席していたと韓国メディアが報じ、大きな反響を呼んでいる。

f:id:imp0201:20191231105340j:plain

 韓国メディアは、文大統領が「濃厚接触者と接触した」として、「大統領府(青瓦台)は大統領を一定期間、隔離するだろうか」など報じた。文大統領が新型コロナウイルスに感染したとなれば韓国国内に激震が走る緊急事態となる。ネット上では「感染症なんだから、現地に行くのはあまりに無防備でしょ。国の指揮を執る人が、無症状の感染者がいること知らないんですかね」、「習さんみたいにテレビ電話的な対応で良いでしょ。目に見えない物なのだからSPを付けても意味無いし…」と文大統領の行動が軽率だったと批判的な書き込みが。また、「パフォーマンスであちこちホイホイと出歩いてたもんね。早々に終息宣言とかして、気が緩んでたんじゃない?」、「なんかこの報道を見ても心配する気になれない。パフォーマンスが仇に出た感じがする」など冷ややかな声が目立った。