【スポンサーリンク】

新型ウイルス 韓国紙のある報道に、「日本叩きが酷すぎる」と批判殺到

 香港で下船した客が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号で感染した患者が12日夕方現在で計174人確認されている。世界中で大きな反響を呼んでいる中、韓国紙・中央日報のある記事が波紋を呼んでいる。

 

 同紙は韓国人14人も乗船したこのクルーズ船について、「日本政府は感染拡大防止という理由で乗船者をそのまま船内に滞留させている。日本保健当局の措置は正しい方向なのだろうか」と疑問を呈した。そして、嘉泉大学吉病院感染内科のオム・ジュンシク教授が「クルーズ船は内部が非常に狭く、乗客の動きを考慮すれば、感染者が通過しないところはないと思う」と語ったことを紹介。また、金宇柱高麗大九老病院感染内科教授は「換気システムに問題があるはずで、隔離条件も良くないと考えらえる。乗客がストレスを感じるうえ栄養の供給も不足し、追加で感染者が出てくる可能性がある」と警鐘を鳴らした。

 

 オム教授は「当初、重く受け止めていなかったのではないかと思われる。(流行)初期に放置した中国武漢市と同じ過ちを犯したとみられる」と日本政府の初期対応を批判し、「狭い空間で唾の飛沫や接触に多くの人が露出するが、露出状況に楽観的に対応したようだ」と述べた。韓国人乗客14人を搬送して国内に連れてくるべきだという主張も出ているとした上で、「今後、患者がさらに増える可能性が高い。(クルーズ船から)自国国民を搬送するという国があれば速やかに送還させるべきだと考える。それから残った人たちをどうするかを決めなければいけない」と話したことを掲載した。

f:id:imp0201:20200205023214j:plain

 この主張にネット上では、「日本の法律上、検疫ができなければ上陸させることができません。それが嫌なら、船で迎えに来て船から船に移して連れ帰って下さい」、「日本の管轄船ではないし、韓国マスコミって中国にノークレームで日本にだけイチャモンつける。凄い」など批判の書き込みが。また、「この新聞、今回のコロナウイルスの件では小躍りして連日日本を叩く材料にしているのがよくわかる。超巨大ブーメランになって韓国の頭上に飛んで来たらどうするんでしょうかね。何れにせよ、極めて不愉快、下劣。まともな神経を持っている人はいないのかね」と不信感を露わにするコメントも目立った。