【スポンサーリンク】

新型ウイルス 韓国が「日本への渡航控える勧告」に、中国の反応は

 韓国の保健当局は11日、新型コロナウイルスの流入を防ぐため、日本、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、台湾の6 地域への旅行や訪問を最小限にするよう勧告を出した。企業に対しても出張や国際会議の参加などを最小限にするよう呼びかけている。

 

 同局は渡航控える勧告を発表した6地域について、世界保健機関(WHO)が地域社会での感染確認を発表した場所だとして、「中国以外の第三国を通じた感染流入を防ぐための措置だ」と説明。これらの国・地域への旅行はできるだけ控え、やむを得ない場合は、旅行の期間や人数を最低限に抑えるよう呼び掛けている。渡航の自粛が広がった場合、日本の観光産業への打撃がさらに拡大する可能性がある。

f:id:imp0201:20200205023214j:plain

 このニュースに中国のネット上では、「日本も大変だと思う。共に頑張ろう」、「このような現象は増えていくのかな。やむを得ないのだろうか」などの書き込みが。一方で日本国内では、「ノージャパンで日本製品の不買運動をしていたし韓国の人たちが来なくてもなんとも思わないです」と冷ややかな意見が少なくなかった。