【スポンサーリンク】

豊川市「マスク返して」で中国都市が10倍の数で恩返しに、韓国で大きな反響が

 新型コロナウイルス感染症が拡大している影響でマスク不足が続く中、中国の江蘇省無錫市新呉区が、友好都市提携している愛知県豊川市からの要望を受け、マスク5万枚を豊川市に順次送付することを中国駐日大使館がツイッターで伝えて、大きな反響を呼んでいる。

 

 豊川市は2月4日に友好都市提携を結んでいる新呉区にマスク4500枚や防護服のセットを支援物資として送った。しかし、3月中旬になって愛知県内でも感染が拡大。市が備蓄していたマスクも5月には底をつく事態になった。竹本市長は「4500枚マスクを送ったんですね。もし在庫があれば返してくれないかという交渉をしている最中です」と新呉区に対し、豊川市にマスクを送って欲しいと要望していることを明かした。

 

 豊川市が先に送ったマスクは4500枚だったが、新呉区が今回マスクの支援を約束したのは10倍以上の5万枚。この恩返しにネット上では、「これは素直にありがたいし、かっこいい!困ったときはお互い様の精神。素晴らしいと思う。もしまた同じような困難が来たらお返ししないとね。ただ中国も完全に落ち着いた訳じゃないから、無理の無い範囲でいいと思います。とにかくありがとう!」、「本当にありがたい思いしかない。中国と日本の絆がまた府待ったと思う」など感謝の言葉が殺到した。

f:id:imp0201:20200310070632j:plain



 このニュースでは、韓国のネットユーザーの間でも話題に。「恥を忍んで豊川市長はマスクをお願いしたら10倍の数もらえた。文大統領も中国にマスクを大量に送って国内がマスク不足になったのだからそれぐらいの成果を出してほしい」、「10倍の数で恩返し?中国は日本にそんなことをやるなら韓国にも同じことをやってくれ。こっちもマスクがなくて困ってんだから」などの意見が見られた。