【スポンサーリンク】

「マスク返して」で批判殺到の豊川市長に、中国では「意外な反応」が

 新型コロナウイルス感染症が拡大している影響でマスク不足が続く中、中国の江蘇省無錫市新呉区が、友好都市提携している愛知県豊川市からの要望を受け、マスク5万枚を豊川市に順次送付することを中国駐日大使館がツイッターで伝えて、大きな反響を呼んでいる。

 

 このマスクの送付が話題になったのは、豊川市の竹本幸夫市長のある発言が発端だった。同市が2月4日に友好都市提携を結んでいる新呉区にマスク4500枚や防護服のセットを支援物資として送った。しかし、3月中旬になって愛知県内でも感染が拡大。市が備蓄していたマスクも5月には底をつく事態になった。竹本市長は「4500枚マスクを送ったんですね。もし在庫があれば返してくれないかという交渉をしている最中です」と新呉区に対し、豊川市にマスクを送って欲しいと要望していることを明かした。

 

 豊川市が先に送ったマスクは4500枚だったが、新呉区が今回マスクの支援を約束したのは10倍以上の5万枚。日本のネット上では新呉区への感謝の書き込みと共に竹本市長への批判の声が多い。「豊川市長はマスクをたったの数千枚しか送っていないのに、返せと言ってきた。しかし、親切な新呉区はマスクを10倍返しもするなんてすごいですね。それに比べ、豊川市長は。日本の恥です。早く辞職してください」、「豊川市民です…本当に情けない市長です…市民がマスクが無くて困ってる時に中国に寄付して、今度は返してくれって…この市長を選んだ事を凄く恥ずかしく思います。4500枚送って返してくれと泣きつき50000枚送ってくれる中国、本当に豊川に日本に泥を塗った市長に、辞めてもらいたいです」などの書き込みが見られた。

f:id:imp0201:20200325173809j:plain

 一方で、中国のネットユーザーは竹本市長を擁護する意見が多い。「中国人です。みなさんのコメントを見て、市長を責めるコメントが多いですが、私は彼を理解できます。多分相当困ったから、こういう話をお願いしたじゃないですか。今は大変な時期ですし、お互い助け合うべきです。中国が一番大変な時期に、日本の民間からたくさんな応援を頂いたので、今日本が困ったときは、中国も全力で応援するのは当たり前なことだと思います。一緒に頑張って乗り越えましょう」、「中国のものですが、中国国内のコメントを読む限り、『市長さんも大変だね』とか、『市民のことを思っているから、こう発言した』というようなコメントがほとんどです。私もそう思っています。命より大切なものはありません。こういう時期こそ、お互い助け合うのが一番大事だと思います」など温かいコメントが目立った。