【スポンサーリンク】

中国政府が海外への団体旅行禁止に、「日本政府は情けない」の声が

 中国共産党機関紙・人民日報(電子版)は25日、中国当局が、海外への団体旅行を27日から禁止すると報じた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が中国で1300人を超え、海外でも増えているため、拡散防止措置に踏み切る。

 

 人民日報の25日午後11時時点の集計によると、中国本土の感染者は1367人、死者は41人。重症者は200人以上に上る。フランスやオーストラリア、マレーシアでそれぞれ初の感染者が確認され、本土以外で13カ国・地域から感染者が出る事態になっている。

 

 人民日報によれば、24日から国内の団体旅行を禁じる措置を取っており、海外旅行にも拡大する。いつまで措置を続けるかは明らかにされていない。中国では、25日の春節(旧正月)連休中の海外旅行客で日本が人気渡航先のトップが日本であるため影響が出るのは必至だ。

f:id:imp0201:20200126164222j:plain

 ネット上では、「中国は今更だが、日本政府が未だなにもしてない事の方が怖い。危機管理能力の皆無なこの政府の下でオリンピックなんて止めた方が良い」、「春節前に思い切って欲しかった。急でも対応できる国なんだもん。やると決めた時のスピードはほんとに速いのに、残念。でも、やらないよりマシ。ありがとうございます。まあもっと残念なのは、ゆるゆるで危機感ないの丸出しの我が国。決断力行動力、ほんとない」など、コロナウイルスで具体的な対策を施さない日本政府に落胆の書き込みが多かった。