【スポンサーリンク】

中国が日本の防衛白書を痛烈批判に、日本国内で「ある日本人」に怒りの矛先が

 中国外務省は14日午後、「日本の防衛白書は偏見と偽情報に満ち、中国の脅威をやたらとあおり立てている」と批判。さらに、「中国は一貫して平和的な発展の道を歩み、防御的な安保政策を掲げている」と主張したことを日本のメディアが一斉に報じた。防衛白書で中国が尖閣諸島を巡り、「力を背景とした一方的な現状変更の試みを執拗(しつよう)に継続している」と懸念を示したことに反発したとみられる。

 

 ネット上では「防衛白書を『黒い資料だ』よくもそこまで言いがかりを付ける。どの口が言う。とにかく言いたい放題言わせていないで、国際社会に向けて、日本政府はしっかり論理的に強い口調で反論するべきでしょう。決してスルーするべきでない」、「それでは、なぜ中国は平和的な発展の道を歩むために、毎年軍事予算の増額と核兵器の配備が必要なのでしょうか。中国に日本の国防の白黒を言われる筋合いはありません」など不快感を露わにするコメントが。

f:id:imp0201:20200603194655j:plain

 また、「二階さん、これでもこの国の主席を国賓歓迎するのですか?あなたには税金で歳費が払われているんです。多くの国民が議員辞責を求めています」、「二階一派だけでなく公明党でも中国習を国賓として呼ぼうとしている。こんな政治家がいる日本を世界はどのように判断するのだろうか」など親中派と呼ばれ、習近平国家主席の国賓での来日を強く要望する二階俊博幹事長や国会議員に対しても批判的な意見が目立った。