【スポンサーリンク】

被害が拡大する新型肺炎 中国と比較して日本政府に酷評の声が

 中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、中国政府の国家衛生健康委員会は27日、中国本土での死者は計80人になったと発表。26日に全国で新たに769人の感染が確認され、感染者は2744人に達した。

f:id:imp0201:20200115101842j:plain

 ネット上では、「洒落にならない。WHOも日本もどうしてこんなにも呑気なんだろうか。マスクが売れているというけれど、マスクをしている人はまだ少ない。来週の今日、どんな事になるんだろう。自分の身は自分で守らないといけない。マスクが売れていくように、次は水や食料かもしれない。対岸の火事ではない。目の前にもう来ている」、「日本の呑気さに呆れる。中国の医療従事者はすごい防護服を着てるけど、日本にあっという間に広がったりしたら各病院機関にあんな凄い防護服を配れるほど準備してるなかな?日本でも4人感染者が出てるけどすごく呑気に構えているのに苛立ちさえあります。中国からの旅行客が来なくてホテルや観光地は大変とか言ってる場合じゃないでしょ。中国の取り掛かりはすごく遅くてここまで広がってしまったけど、厳戒態勢をひいてからの対応がある意味すごい。日本はきっと真似できないと思う。政府もさっさと中国人の入国を禁止しないといけない。オリンピックどころではなくなってしまう」など日本政府の対応に批判の声が目立つ。被害を拡大させないためにも、政府に危機管理能力が求められている。