【スポンサーリンク】

女児わいせつ元保育士の裁判 弁護側説明に「これは凄い理論」と驚きの声が

 勤務先の保育園で女児にわいせつな行為をしてけがを負わせたとして、県内の元保育士の男(犯行当時28歳)が強制わいせつ致傷罪に問われた事件の初公判が10日、徳島地裁で開かれた。


 冒頭陳述で検察側は「昨年4月から女児のクラスを担当し、夏ごろから週に1度、女児の下半身を触っていた。当日は下着に血が付いたため履き替えさせて水洗いしたが、女児の母親に理由を説明しなかった」などと指摘。起訴状によると、男は昨年11月20日午後4時20分ごろ、県内の保育園の庭で女児の下着の中に手を入れて下半身を触り、3日間のけがを負わせたとしている。男は起訴内容を認めた。

f:id:imp0201:20190914150602j:plain

 驚きの声が多かったのが弁護側の答弁だった。「被告は幼児に性的興味を持っていない。被害女児が被告になついていたため、彼女がいたらこんな感じなのかなと恋愛感情を持つ中で性的な気持ちになり、犯行に及んだ」と説明。ネット上では、「この弁護士さん、自分の娘が被害者だったとしたら加害者の弁護士が自分と同じ事を言っても納得出来るのか聞いてみたい。多分、呆れ返るか怒り狂うかのどちらかだと思う」、「被告人側の弁護士はいったいどんな気持ちでこの主張をしているんだろうか…」、「こいつ、弁護士としての自分の仕事どう思っているのかね?仕事なんだろうが、破綻した言い訳をせっせと作る仕事して自分の家族や友人にコンセンサス得られるのか?あきれるよ普通なら」、「これは凄い理論。いくら弁護士とはいえよくこんな支離滅裂な言い訳思いつくな。呆れて何も言えない」などの声が。裁判員裁判でどのような判決が出るのか注目される。