【スポンサーリンク】

首都圏なのに…営業続けるパチンコ店名を公表しない「ある県」に怒りの声が

 休業要請に従わず営業を続けるパチンコ店について、東京、大阪、兵庫、神奈川など各自治体が店名を公表する措置に踏み切り、埼玉も今日28日に公表する方針を明らかにした中で、千葉が結論を下していないことに県民から不満の声が上がっている。

 

 森田健作千葉県知事は24日、営業を続けるパチンコ店の店名の公表について、5月2日からの大型連休前までに判断する考えを示している。ネット上では、「やることなすこと全て真似、だから対応・判断がいつも遅い。言い訳ばかり、名前だけで当選して実力皆無。千葉県民として、ほんと恥ずかしい。早く知事交代したい。これを期に有名だから投票することの無いように、しっかりと政策や実績をみて、選ぶ文化が根づいたらいいですね」、「大型連休前に決断しなよ!しなければ千葉に集まりクラスターになるだけ!本当に知事ヤル気あるの?無いならこんな忙しい時だけど、県民の事を考えたらそちらの方が良いと思う!」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20200417162933j:plain

 また、「後手後手の上に、責任回避の弱腰判断。こんな人物がパチンコ業界に対して強気な姿勢など見せるはずがない。ギリギリになってから、他の都府県がやったことをやんわり言うだけだろう。名前と顔が一致する、という理由だけでこの人に投票した思慮の浅い千葉県民は深く反省すべき」という指摘も見られた。