【スポンサーリンク】

「桜見る会」巡るメディア報道に、「この国、終わってる」の声が

 安倍首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していた疑惑で、国民の政権に対する不信感が高まっている。菅義偉官房長官は26日の記者会見で、「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と発言。野党4党の国対委員長は27日、国会内で会談し、招待者選定の責任者と自ら語った菅氏の進退を含めて責任を徹底追及する方針で一致した。

 

 ネット上では、「さすがに言い逃れできないだろう。(桜を見る会に参加していた)ジャパンライフは、マルチ商法で行政処分を何回も受けている。なぜ、招待の時点で調査しなかったのか。関係者が勝手に送ったではすまされない」、「現代社会では反社との関わりにより芸能界では仕事を失ってしまうほど深刻な話しであるが、政府が反社と関わりがあるなど、あり得ない話し。責任問題以前の話だと思います」など批判の声が収まる気配がない。 

f:id:imp0201:20191127165133j:plain

 怒りの矛先はメディアにも向けられている。「本日の真相解明虎ノ門ニュース、何を語るのかと期待したのですがジャパンライフは完全スルーでした。官僚もそうですが、テレビ局も忖度していますね、これ大問題だと思うんですけどフジ・日テレ朝のワイドショーは報道すらしない、権力って日本全国隅の隅まで牛耳っていることでいいんですか?また、国民の意識を逸らすためイチローをダシにしようと会食ですか、なんとかならないのですか。国民は何回騙されればいいんですか」、「やっとネットで騒がれていることがニュースにされたようだ。そもそも、捏造した招待状があるとか云っていたのはこの問題をカバーするためのものだった可能性はないのか?常識的に考えて総理含めた重要閣僚が出席している集まりに捏造で入れるような低レベルのセキュリティの国でないと信じています。従って記者クラブの会見でもっと突っ込むべきものが追求されず報道は低レベルな報道になっている。どう考えても当初からの答弁に疑念を抱いているが、記者クラブの記者たちは発表を記事にすることしかできないようだし、いっそのことこの機会に記者クラブを廃止する方向に世論が動けば、この国はもっと良くなると思うのだが」などの指摘が。「この国、終わってる。安倍政権に忖度するメディア。呆れて言葉が出ない」というコメントも見られた。