【スポンサーリンク】

伊メディアが発表した「キャプテン翼」人気キャラランキングに、驚きの声が

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が、日本のサッカー漫画で大人気漫画「キャプテン翼」の人気キャラクターのトップ10企画を実施。その順位に驚きの声が上がっている。

 

 キャプテン翼は1981年に連載が開始されたサッカー漫画で、海外でも絶大な人気を誇る。現在Jリーグでプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロやFWフランチェスコ・トッテといった名手たちにも影響を与えた。それぞれのキャラクター名は海外版においては現地に馴染みやすいアレンジがされているが、ここでは日本版で紹介していく。

 

 第10位は新田瞬で、「隼シュート」を必殺技に活躍したFWだ。第9位は沢田タケシ。FW日向小次郎のパートナーとして中盤を支えた。8位は立花政夫、立花和夫の双子「立花兄弟」。2人の合体技である「スカイラブ・ハリケーン」は斬新だった。7位はGK若島津健だった。ゴールポストを蹴って反対方向のシュートをセーブする三角飛びなど空手の技を駆使したアクロバティックなプレーが持ち味だった。

 

 6位は若林源三。チームを強くするために「嫌われ役」を買う負けん気の強さと卓越したセービング能力で、ペナルティーエリア外からのシュートを決めさせないという信念で抜群の安定感を誇った。5位はボランチや最終ラインで活躍する松山光が選出された。北海道の出身で、雪が積もったピッチでの練習で鍛えられた足腰で放つ低空の「イーグルショット」が必殺技。キャプテンシーに溢れるキャラクターで努力家としても知られる。4位は大空翼の「相棒」・岬太郎が選出。翼に勝るとも劣らないテクニックで活躍した。

 

3位は大空翼の永遠のライバルで日本が誇るエースストライカー・日向小次郎。強引なドリブルで相手と吹き飛ばして、タイガーショットを蹴り込んでいく力強いプレーが武器で、貧しい環境からはい上がった生き様に男性人気が高い。

 

 2位が主人公の大空翼だった。天才的なひらめきから生まれるプレーと逆境を乗り越えるたくましさを併せ持ち、司令塔として活躍。日本のサッカー界に大きな影響を与えたキャラクターだった。

 

 翼を抑えて1位に選出されたのが、三杉淳だった。心臓病を患っていたためプレーする時間が限られていたが、翼をしのぐ才能を持つと言われる選手で読者の心に深く刻まれる選手だ。

 

 この順位にネット上では「この中だと我が強い翼のライバル日向小次郎が好きだったな。家族思いだったしね。でも1番好きなキャラは若島津健。空手してたから。三角蹴り真似してみたけど難しかったです」、「沢田タケシがランクインしているのが意外。地味なキャラキターだったけど好きだったのでうれしい」、「三杉君は人気があるけど、日本だったら日向小次郎が1位だと思う。イタリアで三杉君人気が高いって意外な感じ」などの反響が。

f:id:imp0201:20200512171627j:plain

 また、「この漫画凄い。まだJリーグも始まってないそんなにサッカーも人気がない時代だったのにもう海外のことを描いてる。今でこそ海外プレーが当たり前になってるが」、「この作品の凄いところは、自らサッカー人気に火をつけ、その後は自らつけたその火でさらに盛り上がっているところ。40年の歴史に重みと凄みを感じる」など漫画の功績を評価する声が多かった。