【スポンサーリンク】

武漢肺炎警告の医師が死去で、中国のネットユーザーから「ある要望」の声が

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大している件で、ウイルスの流行を最初に警告した人物の一人で、その行為によって当局から戒告を受けた中国の李文亮医師が7日未明、ウイルス感染が原因で死去した。李医師が勤務していた武漢市中心医院が中国版ツイッター・微博の公式アカウントへの投稿で明らかにした。34歳の若さだった。

 

 新型ウイルス流行の中心地である武漢で眼科医として働いていた李医師は、02~03年に流行して多数の死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)に似た症状を示す患者がいることに気付いた。昨年12月30日に同僚らにこの事実をメッセージで伝えたが、後に他の告発者7人と共に警察当局から「うわさの流布」の疑いで出頭を求められた。李医師はその後、患者の治療中に新型ウイルスに感染。闘病生活を送っていた。

f:id:imp0201:20191210112449j:plain

 中国のネットユーザーからは「李文良博士は中国人の英雄であり、全国の人々は彼を忘れないでしょう」、「主人公を不当な扱いにさせないでください、そしてリー博士の家族に深い後悔を感じてください」など早すぎる死を惜しむ書き込みが。また、「官僚は調査され、罰せられなければなりません」、「隠された伝染病が国と国の人々に悲劇を引き起こした。官僚を調査し、処罰してください」など要望のコメントも多く見られた。