【スポンサーリンク】

小5男児、同級生に要求されて渡した額に、「異常すぎる」と驚きの声が

 共同通信によると、名古屋市の市立小学校に通う5年の男児が複数の同級生から現金を要求され、約20万円を渡していたことが2日、市教育委員会への取材で判明した。

 

 報道によると、男児は今年8月ごろから約1カ月間、同級生から「お金を持ってこないとのけ者にする」などと言われ、自宅から複数回にわたり、現金を持ち出していた。同級生らはゲームセンターなどで現金を使っていたという。学校が10月中旬、いじめ防止対策推進法で規定されている「重大事態」の可能性があるとして、市教委に報告した。

f:id:imp0201:20191202164612j:plain

 ネット上では、「複数とはいえ20万。異常だよ。市が調査するより警察だたにした方がいいと思う。怖いわ!同級生の親御さんも自分の子供が金遣いが荒くなったとか、新しい物が増えたとか異変に気が付かないのかな。小5の男児の親も異変に気が付かなかったのか異常」、「異常すぎる。被害者の子供も辛かったでしょう。児相案件だし、反省しましたで済ませちゃいけない案件」、「これはいじめとか面白半分にとかではなく脅迫と窃盗の犯罪。子供だからと甘くしてはいけないと思う。刑罰に処するべき」など大きな反響が。「市教委はまず子供の子をを第一に考えてほしい。処罰は下すべきだし、もう加害者の子と被害者の子は同じ学校に通わせるべきではない」という指摘も見られた。