【スポンサーリンク】

楽天・浅村のヒーローインタビュー中にブーイング 西武ファンからも批判が

 楽天・浅村栄斗が9日の西武戦(大宮)で5回に場外へ消える2号左越え2ランを放つ活躍で勝利に貢献。この日は昨年まで10年間所属していた古巣との初対戦だった。試合前のスタメン発表、初回の第1打席の際は西武ファンからのブーイングが飛んだ。浅村も覚悟していたのだろう。試合中は終始硬い表情だったが、試合後のヒーローインタビューでもブーイングが飛んだ。スタンドからは「浅村ァ!それで満足かァ!」と男性の叫び声が。異様な雰囲気の中、「複雑な気持ちもありましたし、でも対戦するからには勝たないといけないので今日とりあえず勝ててよかったです」と神妙な表情で答えた。

 

 試合前、試合中のブーイングには「それだけ凄い選手だったということ」と一定の理解を示す声があるが、ヒーローインタビュー中に一部の観客からブーイングが飛んだことには西武ファンからも批判が相次いでいる。「はぁ。なんでヒーローインタビューでブーイングするんだろう。楽天ファンに申し訳なく感じる。同じ西武ファンとして恥ずかしいわ」、「西武ファンだがブーイングはマジでダサい、負けてやるのは負け犬みたいに見える。ブーイングだけならいいが汚いヤジも聞こえたりもしていた。毎年毎年選手がFAで出ていくのは仕方ないと思ってたけどこんなことやってたら出ていかれるのはしょうがないのかなって思ったわ!」という声が。

 

 今回だけではない。17年5月7日の楽天―西武(メットライフドーム)で西武から楽天にFA移籍した岸孝之が移籍後初の古巣との対戦で白星を挙げた際も、ヒーローインタビュー中に西武ファンから大きなブーイングが飛んだ。楽天ファンだけでなく西武ファンも不快な思いをしている人が多いだけに、一考の余地があるかもしれない。 

f:id:imp0201:20190113204131j:plain