【スポンサーリンク】

コロナ軽視のブラジル大統領が感染判明も、「政策は変わらない」の声が

 ブラジルのボルソナロ大統領(65)が7日、首都ブラジリアの大統領公邸で記者団に対し、自身の新型コロナ検査で陽性反応が出たことを明らかにした。

 

 複数のメディア報道によると、ボルソナロ大統領は5日に体調不良を感じ、6日に疲労や筋肉痛、38度の発熱があったため検査を受けた。現在は新型コロナへの効果が証明されていない抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を服用。現在の症状は軽く、ビデオ会議などで執務を続けるという。「驚いていない。国民とダイナミックに触れあう仕事であることを考えると、既に感染したと思っていた」と述べた上で、「恐れる必要はない。これが人生だ」と強調している。

 

 ボルソナロ氏はこれまで新型コロナを軽視。公の場にマスクを着けずに登場し、6月22日には裁判所から着用を命じられたことも。「経済が機能しなければ自殺など別の原因で死ぬ人が出てくる」と力説していた。州や市が耐えきれずに経済再開に動いている状況を指して「われわれが正しかったことが明らかになった」と強調していた。

 

 ネット上では「今後の状況によるんじゃないかなー.ジョンソン首相みたいに死にかけたら,対応は変わるだろうけど,本当に風邪程度で終わったら,ますます増長するぞ」、「言っちゃ悪いがこれは因果応報としか言えない。経済を優先させ過ぎるあまり、国民の命をないがしろにし過ぎた。ただ新型コロナは一時的な発熱や咳などの症状のみで済んでしまう場合もある。彼もそうだとしたら『ほら私の言った通りだ』となってしまうだろうな…」など大きな反響が。

f:id:imp0201:20200526113147j:plain

 一方で、「ブラジルの場合、コロナで社会の経済活動を止めることは出来ない。なぜなら、経済活動を止めた途端に貧困層による暴動が起き社会が崩壊してしまうからだ。これは、世界の他の貧困国でも同じである。確かにこの大統領の発言は問題も多いかもしれないが、国が非常に豊かである日本人には到底理解できない事情がそこにはある。正確には、コロナを単なる風邪と軽視しているというよりも、軽視する姿勢をせざるを得ない事情があるということだ」、「重症になるか軽症になるかで今後の政策が変わるかのようなコメントが散見されるけど、別に重症になったところで政策は変わらないでしょ。コロナ軽視って言う人が多いけど、死亡例・重症例の数や割合は当然大統領も知っているわけで、彼がやっていることはそれを踏まえた上での経済優先政策なんだから、重症になろうが政策に変わりはなかろう」とボルソナロ大統領の姿勢に理解を示すコメントも見られた。