【スポンサーリンク】

韓国人抗議し、豪州で「旭日旗Tシャツ」販売中断 日本政府に対応求める声が

 韓国の通信社・聯合ニュースの報道によると、豪州の大型マート「Big W」が在豪韓国人の抗議を受け、旭日旗模様のTシャツの販売を中断したという。

 

 同サイトによると、シドニーにある同店を訪問した在豪韓国人が旭日旗をデザインしたTシャツが6豪ドル(約430円)で販売されていることを知った。顧客センターを訪ねると、「旭日旗はナチス・ドイツのハーケンクロイツのような日本軍国主義の象徴だ」と訴えて販売中断を要求。苦情を受けたBig W本社は後日、「オーストラリア全体の売り場で旭日旗デザイン製品の販売を中断する」とフェイスブックのメッセージで在豪韓国人に伝えたという。

 

 Big Wは豪州全域に182店舗をもつ国内大手のディスカウントストア。ネット上では「この行動力を侮ってはいけない。彼らの反日モチベーションは異常に強い。単なる損得だけでなく心の底から湧き出るものを感じる。まるで戦時中の日本国民が戦争に邁進したように。昔の日本のように国が倒れ国民が呪縛から解放され教育が変わってくれば変わるのだろうけど」という書き込みが。

f:id:imp0201:20190904113300j:plain

 また、「日本政府は本格的に対応に乗り出した方が良い。このままだと間違ったイメージだけが世界に広がる」、「小さな事と思わず外務省は速やかに対応して欲しい。このマートに直接に働きかけるのが難しいのであれば、オーストラリア政府経由でもなんでも構わない。こういう小さなウソの既成事実化の積み重ねが、今の日本国民を苦しめているのを忘れてはならない」、「日本側も厳重に抗議したほうがいいと思うぞ。政治的プロパガンダで日本を貶める活動に協力するのかと」と日本政府に対応を望む声が目立った。