【スポンサーリンク】

芸能界から姿を消して3年…「あるタレント」の変わり果てた姿に、驚きの声が

 ハリウッド俳優になるという夢を抱き、3年前に米国・ニューヨークに拠点を移したお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二の変わり果てた風貌が大きな反響を呼んでいる。

 

 綾部は27日に自身のインスタグラムを更新。投稿された写真はボサボサの天然パーマにヒゲ、メガネと日本で芸能活動している姿と一変していた。お酒を飲めないはずだが、酒をあおるような振る舞いに、「It’s raining today.」と英文が綴られていた。

f:id:imp0201:20200428080924j:plain

 フォロワーからは、「何目指してるんですか笑」、「いや 呑めないでしょ?」、「大丈夫ですか?コロナ疲れですか?」、「ずいぶん痩せたような…ごはん食べていますか?」などツッコミの書き込みが殺到。ヤフコメでは、「似合っていると思います。個性が出ているし、あちらの俳優なら求められる『陰のある』部分がうまく出ている写真でいいです。日本での髪型や雰囲気は僕はこれだ!という自信が感じられず、どこかしっくりこなかったです」、「久しぶりに綾部祐二さんの姿見ました。雰囲気変わったみたいでいいじゃないですか!!少し前にあがっていたSNSの写真?は街中のお店の前に立って、ポージングしている姿だったと思うけど、80年後半~90年代にかけてミュージシャンがアルバムとかのジャケット写真みたいのを意識しているのかと思えた」と綾部のイメージチェンジした姿を称賛するコメントも見られた。