【スポンサーリンク】

「あおりエアガン男」事件…警察の「あるミス」に批判の声が殺到

 愛知県の東名高速道路で前方の車に煽り運転し、エアガンのようなものを発射したとして、愛知県警は14日に自称兵庫県尼崎市、無職、佐藤竜彦容疑者(40)を器物損壊の疑いで逮捕した。佐藤容疑者は運転していたワゴン車を乗り捨てて逃走していたが、同日未明に兵庫県警尼崎東署に友人2人に付き添われて出頭した。


 メディア報道によると、佐藤容疑者は8日午前6時55分から約10分間、日進ジャンクション―東名三好インターチェンジ間の追い越し車線で、名古屋市の男性会社員(23)の車に急接近やクラクションを鳴らすなどのあおり行為を繰り返した後、エアガンを発射し、男性の車の後部4カ所を傷つけたという。佐藤容疑者は「パッシングやクラクションを鳴らしても前の車がどいてくれず腹が立ち、エアガンで撃った」などと容疑を認めている。


 警察の「あるミス」が指摘されたのは、佐藤容疑者がエアガン発射の約1時間後、ワゴン車が岐阜県瑞浪市内の中央自動車道上り線で燃料切れになり停車した際の出来事だった。警察官が路肩にいた男女を見つけて職務質問した際、佐藤容疑者は「トイレに行く」と言って、女性を残して高速道路の外へ逃走。路肩の先には雑木林や山が広がっているが、1.5kmほど先にJR中央線の釜戸駅がある。まだ佐藤容疑者の足取りは分かっていないが、電車を使って逃走したとみられる。警察が佐藤容疑者に同行していれば逃走を防げた可能性があった。

f:id:imp0201:20190914120853j:plain

 ネット上では、「出頭したからよかったけど、警察の大失態でしょ。トイレに行くといって逃げられるなんて情けない。もう少し危機感を持ってほしい」、「トイレに行きたいなら、当然同行するのが警察官じゃ無いの?例えトイレであっても逃げる可能性は有ると思うが、警察官の見積もりの甘さが露呈しているね。最近この手の案件で逃げられるのが多いようにも感じるんだが」など批判の声が。今後も高速道路で同様の事案が起こる可能性は十分にある。警察は各都道府県の垣根を超え、迅速に情報共有して犯人を逮捕する体制づくりが求められる。